体のリズムに合わせてバストアップできる副作用がないバストアップサプリ

 

ルーナ サプリ 副作用

 

副作用なしでバストアップしたいと思っていても、胸が大きくなるメカニズムを基本とした、つまり成長期と同様にホルモンのリズムに沿ったバストアップ方法を実践しないと、安全に胸を成長させることはできません。

 

いくら年齢による育乳方法は違うと言っても、20代向けのバストアップ方法と、30代40代50代からのバストアップ方法は、女性ホルモンを増やして乳腺を発達させる、という意味では基本的に変わりません。

 

仮に副作用がないバストアップ方法を見つけ、胸を大きくしたとしても、持続性をキープすることは難しいでしょう。あなたの目的は一時的にバストアップすることではないはずです。バストアップに成功した後も、大きさだけでなく、形やハリも維持し続けないと、本当の意味でバストアップに成功したとは言えません。

 

短期間で一時的に胸を大きくすることは簡単です。プエラリアにはそれだけの豊胸効果、バストアップする可能性が秘められているからです。

 

プエラリアを体に取り込んでバストのサイズアップに成功しても、短期間で胸が萎んでしまう人や、バストに張りが出る程度の効果で終わってしまう人は、ホルモンバランスを無視したバストアップ方法を行っている可能性が非常に高いです。プエラリアだけが高濃度に含まれたサプリを飲み続けているケースがこれです。

 

一方で2カップ、3カップアップに成功した上で、数年経っても大きさ・形・ハリをキープし続けている人は、体の健康を基本とし、ホルモンバランスを整えながら乳腺を発達させています。

 

バストアップする過程で健康を害してしまう人、バストアップに成功しても持続性をキープできない人は、一度ホルモンリズムに合わせてバストアップすることを意識してみるだけで、結果は大きく変わってくるでしょう。

 

成長期を終えた今、卵巣からの女性ホルモンの分泌量だけでバストアップすることは不可能です。サプリなどを上手に取り入れ、バストアップに必要な女性ホルモンを補い、まずは体内のホルモンバランスを正常に整えることが、綺麗なバストラインを作る、最短への道なのです。

 

多くの人がバストアップサプリで副作用を引き起こしてしまう理由

 

現在、通販や市販されているバストアップサプリのほとんどは、卵胞期に飲むことを前提として作られています。卵胞期専用のバストアップサプリのデメリットは、黄体期にサプリが飲めないという点です。生理中でも飲めるバストアップサプリは、飲み分け不要型とも呼ばれ、卵胞期専用のサプリと比べると、豊胸効果が現れるまでの期間が早いという特徴があります。

 

その理由は、生理中でも継続してバストアップサプリを飲み続けることで、卵胞期・黄体期と、バストアップの持続性がキープされるからです。またこれ以外にも、サプリの効果によって、ホルモンサイクルが常に安定した状態をもたらしてくれるため、体への負担が少なく、極めて副作用が少ない、というメリットもあります。

 

さらに飲み分け不要タイプが、副作用が少ないバストアップサプリと呼ばれる理由は、卵胞期と黄体期を通して飲み続けることができるため、一日当たりのプエラリアの摂取量が少なくて済むからです。

 

ルーナ プエラリア 含有 量

 

生理中に飲めないバストアップサプリは、卵胞期に多くのプエラリアを摂取する必要があるため、体に負担がかかってしまいます。卵胞期専用サプリは、生理中も豊胸の持続性を低下させないために、ある一定以上のプエラリアを配合する必要があるのです。

 

副作用なしでバストアップするには、一日当たりに摂取するプエラリアの容量を出来る限り少なくすることが理想です。これまでプエラリアで生理不順や生理痛などの体調不良を経験したことがあるのであれば、生理中もバストアップの持続性がキープできる、飲み分け不要タイプの安全なバストアップサプリに乗り換えてみると、副作用なしでバストアップすることができます。

 

実際多くの女性が、LUNAハーバルサプリメントに乗り換えたことで、体への負担要素が解消され、副作用なしでバストアップに成功しています。

 

LUNA-ルーナ-ハーバルサプリメントプレミアム