ガリガリ体質を改善してバストアップするには

 

たまにとてもスレンダーで悪く言えばガリガリなのにバストが大きい人がいます。「豊胸なのでは?」と疑いたくなりますが、実際、ガリガリの体質でも豊満なバストは可能なのです。しかしガリガリの体型のまま、バストアップは不可能に近いと言っていいでしょう。

 

なぜならバストに持ってくるむだな肉がないからです。もともとバストがある程度大きくて、産後やノーブラジャーでバストの肉が流れてしまったという人なら別ですが、ガリガリの人でバストがない人はバストアップするのは普通に考えれば簡単ではないのです。

 

一般的にバストが大きくなるのは成長期である10代です。その頃に栄養をしっかりとり、胸筋を刺激する運動をしているとバストは成長と共に大きくなってきます。またこの時期は、太りやすい時期でもあります。しかし新陳代謝も良く、よく動く時期でもあるので、多少太っているからといって気にする必要はありません。

 

太りたくないからとダイエットで必要栄養を取らず、太る事を避けているとバストは大きくなりません。バストは脂肪でできているため、それなりに脂肪が必要な事を忘れてはいけないのです。20代を過ぎると、人目を気にしたり、食べる量も減り、次第と痩せてくるようになります。その時にバストケアを十分行う事で、豊かなバストを維持する事ができるのです。

 

ガリガリ体質の方は、成長期に十分に成長できなかったのかもしれません。その理由は、女性ホルモンが十分に分泌できず、バストアップにつながらなかったからです。10代のような成長は期待できませんが、ガリガリの体質の方でも太る事でバストアップを期待できます。とはいっても、今まで太る事ができない方にとっては、太る方法を見つける事自体がとても大変な事です。

 

また、太る事で健康へのリスクもあるので慎重に行う必要があります。太るというよりも「丸みを帯びる」というほうが適切かもしれません。女性でガリガリの方は女性ホルモンの分泌が低いと考えられます。女性らしさである体の丸みは、女性ホルモンを増加させることで得る事ができます。

 

そのためには、女性ホルモンを増加させる食事やサプリを利用するといいです。その際、毎日バストケアを行う事で、ある程度のバストを得る事ができます。ガリガリの人は40代以降の更年期の症状も悪化する傾向にあります。女性ホルモンを増加させておくのは、バストアップだけではなく健康にも必要なので、今からでも行っていきましょう。