バストが小さい理由って?

 

バストが小さいのはなぜ?そのような疑問を持たれている女性は数えきれないほどいます。
バストが小さい理由は必ず存在します。本来女性はしんぼるともいえる大きなバストで本能的に男性を引き付ける能力を持っているのです。

 

バストが小さい女性は、無意識のうちにバストが成長しないような行動をとっているのです。
バストが小さいのはなぜ?と成長期を過ぎた女性の多くは参考になるかと思いますのでご一読ください。

 

バストが小さい、成長しない、ずっと貧乳でコンプレックスを抱いている女性は少なくありませんが、バストが成長しなかった原因、貧乳の原因は、ご自身がこれまで成長してきた過程において、問題点を振り返ってみると良いかもしれません。

 

バストが成長しない理由がそこには必ず存在します。

 

バストが小さい理由
1、食生活や生活リズム
2、遺伝や体質だという思い込み

 

1、食生活や生活リズムが理由の場合、バストアップしやすいように方向を変えてあげるだけで、成長期を過ぎた20代や30代からでもバストアップすることが可能です。

 

2、遺伝や体質だという思い込みの場合、まずはバストが小さいのは遺伝や体質ではないと科学的にも証明されていることを知ってください。祖母が貧乳、母のバストが小さいとはいっても、その娘が巨乳の家族も数えきれないほど存在します。

 

バストが小さいのは遺伝や体質ではないのです。ハゲなどのAGAは遺伝が大きく左右しますが、こと乳腺の発達においては、育ってきた環境が大きく影響します。

 

つまりは食生活や生活リズムを改善することでバストアップしやすい体質に変えることができるということです。貧乳女性の特徴をまとめたので参照してください。

 

貧乳の原因を作り出している行動

 

  • 肩こり・冷え性にも関わらず、改善していない。
  • 自炊せずに外で食べることが多い。ジャンクフードが好き。
  • 自分で運動不足だと自覚している。
  • 自他ともに認める猫背。座りっぱなし、事務などの仕事をしている。
  • 夜更かしなどで睡眠時間が削られている。睡眠不足。
  • 人間関係によるイライラを抱えている。
  • ストレスを発散する趣味などがない。

 

ここに列挙したのは貧乳の原因を作り出している行動の一部です。
こういったことは自分の意識や行動を変えるだけですぐにでも改善できるものばかりです。

 

貧乳が改善されない人は大抵の場合面倒くさがりなタイプが多いです。
いわゆるだらしない人です。

 

生活習慣の改善は、習慣化することが大切です。
この項目を思い出すだけでも少しずつ意識は改善されていくでしょう。習慣は意識から始まります。まずは第一歩を踏み出すことが大切です。

 

ですが、あなたはすでに意識を変え、行動に移そうとしています。
バストがなぜ小さいのか考えることは、バストアップへの第一歩だからです。

 

イメージはリアリティに近づく第一歩です。
バストが小さい原因は遺伝や体質だと決めつけていたことが、貧乳を作り出していた一番の原因なのです。
意識を変えるだけでバストアップは可能です。

 

自分にくっきり谷間ができているのを想像してみてください。胸の開いた服でおしゃれをして、海で自信をもってビキニを着ている男性にくぎ付けの豊満ムチムチボディを想像してみてください。
イメージは必ず現実に変えることができます。

 

そしてこのイメージを現実に変える、つまりバストアップするためには、バストが小さい原因となっている女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量を増やす必要があります。

 

ホルモンバランスを整えることで、エストロゲンの分泌が正常化され、乳腺が発達し、大きくなっていきます。
乳腺が大きくなれば、乳腺脂肪が増えてくるため、自然とバストは大きく成長していきます。

 

ジムやエステに通うなどという無意味な行動を多くの女性はとりがちですが、ほとんど意味はありません。
乳腺発達なくしてバストアップは不可能だからです。

 

つまり、多くの女性は体の外からのバストケアばかりに目がいきがちですが、最も大切なのは体の内側からのバストケアなのです。方向性を間違えてはバストアップは100%失敗します。

 

不規則な生活リズムや栄養の偏った食事によってホルモンバランスが乱れている人は、簡単にホルモンバランスを整えることができる方法もありますので、多くの女性が実践しているバストアップ方法を取り入れるといいでしょう。