女性ホルモンを増やす方法って?

 

アロマオイルでバストアップ

 

バストアップは、女性ホルモンの分泌量を増やすことが大切です。

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。エストロゲンは、脂肪を蓄える作用があるので乳房に脂肪がつき、ふっくらと丸みを帯びたバストラインになります。

 

プロゲステロンは、乳腺を発達させる作用があります。このように、女性ホルモンのバランスを整え分泌量を増やすことにより、バストアップが期待できます。女性ホルモンをつかさどっているのは、脳の視床下部という部分なので、アロマテラピーで脳を刺激し、ストレスを和らげることにより女性ホルモンの分泌を促してくれます。

 

バストアップに効果的なアロマオイルは[クラリセージ]です。
クラリセージはエストロゲンとよく似た働きをし、女性ホルモンのバランスを整えてくれます。[イランイラン]は、緊張を和らげ、リラックスさせる効果があります女性ホルモンの分泌を促進する効果があります。

 

[ゼラニウム]は気持ちを明るく元気にしてくれたり、肌の調子やホルモンバランスを整える作用があります。

 

[ローズ]も肌の調子や女性ホルモンバランスを整える作用があります。これらのアロマオイルをマッサージオイルに混ぜ、バストを外から内側へ全体を持ち上げ円を描くようにマッサージします。そうすることでより一層の効果が期待できます。

 

アロマの香りで癒されながら女性ホルモンを活性し、ふっくらとした張りのある美しいバストラインにしあがります。入浴前にバストアップサプリを飲むと血行が促進されて、乳腺まで栄養が行き渡るので、サプリを飲んだ後に行ってみるのも効果的です。